« お仕事 | トップページ | ポテチ »

2006年5月 2日 (火)

新芽の様子と覆い掛け

今年は気温がなかなか上がらず新芽の伸びが悪く新茶の摘み取りが遅れそうなのですが、昨日はなんと真夏日!三重県尾鷲市では気温32度を記録しました。「もう暑いのなんの」そんななか、極上かぶせ茶「斎風」の原料になる茶園に日光を遮る覆いを掛けました。

Sinnme01burogu  皆さんもご存知だと思いますが、「玉露」もそうですが直射日光を遮ることによって葉の色が濃い緑色になりお茶を入れた時の水色がきれいな緑色になります。味も旨味成分のテアニンが多く渋味の少ないまろやかで甘さの感じるお茶になります。

喜多製茶には二つの極上がありもう一つが極上煎茶「緑宝」です。この緑宝は斎風とは違い露地栽培で摘み取る日まで、お日様の光の恵をたっぷりと浴びさせます。水色は斎風のきれいな緑色は出ませんが味はしっかりと濃く旨味と渋味のバランスのとれた最高の味です。Saifuu01_3

どちらのお茶も喜多製茶こだわりの土作り根作り栽培で旨味の肥料で丹精込めて育てています。

  新茶ご予約頂いておりますお客様、もう暫しお待ち下さい。今年は少し遅れ気味ですけど新芽は順調に育ってます。Saifuu02_1

« お仕事 | トップページ | ポテチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31977/1652099

この記事へのトラックバック一覧です: 新芽の様子と覆い掛け:

« お仕事 | トップページ | ポテチ »